給付が制限されるとき

 

次のようなときには、健康保険制度の健全な運営を阻害することになりますから、健保組合が確認の上、給付の一部または全部を制限することがあります。

故意に事故をおこしたとき

保険給付は行われません

けんか、酔っ払いなどで事故をおこしたとき

保険給付の全部または一部が制限されます

サギ、その他不正に保険給付を受けたり、受けようとしたとき

保険給付の全部または一部が制限されます

健康保険組合が指示する質問や診断などを拒んだとき

保険給付の全部または一部が制限されます

正当な理由もないのに医師の指示に従わなかったとき

保険給付の一部が制限されます

なお、上記とは別に保険給付を行うことが事実上、不可能だったり、他の法令が優先するなどの理由により給付が制限されることもあります。

・少年院に入院させられたとか、監獄に拘禁されたときは、公費で療養の給付が受けられることなどから保険給付が行われません。

・感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律など他の法令により、国または地方公共団体の負担で療養費の支給や療養が行われたとき